以前勤めていた会社で導入されていたのが電話会議です。

初めての電話会議でのエピソード
初めての電話会議でのエピソード

以前勤めていた会社で導入されていたのが電話会議です

● 48歳 : 女性の話
以前勤めていた会社で導入されていたのが電話会議です。
その会社では重要な会議は本社に集まって開かれることが多かったのですが、ちょっとした会議の場合はすべて電話会議でした。
それまで電話会議というものに出席したことが無かったので、自分の発言が多くの社員に1度に伝わるということに最初は戸惑ってしまった記憶があります。
ただ、一対一の通常の電話と違い、電話会議を利用すれば大勢の社員がまるでその場にいるように話をすることが出来るので、何度か出席するうちにその便利さというものを実感することが出来ました。
また、電話会議を利用することで、わざわざ会議のための準備をする手間を省くことが出来、会議のために遠くまで出張する必要が無いなど多くのメリットがあったと思います。
現在勤めている会社ではWeb会議システムが導入されています。音声だけでなく、映像や資料の共有も可能になっていて、さらに便利になったと思いますが、音声だけの電話会議と比べると気を抜けないので、そこがちょっと大変です。

私は外資系の会社で働いています

● 18歳 : 女性の話
私は外資系の会社で働いています。海外のオフィスの人と電話を使っての会議というのが毎週行われています。
今の会社には転職で入社したのですが、一番初めの電話会議のときは少し緊張していました。
会議室に5人ぐらいで入り、本社からメールで伝えられた番号にダイヤルすると、ダイヤル音の後で「ハロー」という相手からの応答が。普段から、本社の人とは電話では話していたけれども、他の人とも一緒というのは初めての経験で、そんな必要は無いかもしれないのに、妙にスピーカーの近くに顔を寄せて話してしまいます。それは今でも一緒、自分がとても主張したい事があるときは、前のめりになりスピーカーに向かって話しています。
たまに、回線の事情なのかなかなか繋がったりするのも電話会議にはありがちな問題。次のアポがあり急いでいるときに限って問題って起こるんですよね。離れた場所にいる何人もの同僚と同時にコミュニケーションが取れ、意見の交換がその場で出来る電話会議って凄いなって思います。もうちょっとテクノロジーが進化して、周りの雑音や音声がクリアになればもっといいんですけれどね。


Copyright(c) 2020 初めての電話会議でのエピソード All Rights Reserved.