グローバル化が進展している今、海外に支社や取引先がある企業がどんどん増えています。

初めての電話会議でのエピソード
初めての電話会議でのエピソード

グローバル化が進展している今

● 27歳 : 男性の話
グローバル化が進展している今、海外に支社や取引先がある企業がどんどん増えています。会議のために渡航するのは効率的ではありません。そこで、電話会議を活用する企業が増えているようです。

わが社にも、アメリカのケンタッキー州に得意先の工場があります。そのため、何か起こった時は担当者が1か月2か月とアメリカに行くこともざらにあります。その時、会議のために日本に戻ってくるのは現実的ではありません。ですが、メールでのやり取りでは意思が上手く通じないことがあります。
そこで、日本に戻ることなく、上手くコミュニケーションをとるために電話会議を活用しています。初めて電話会議を利用しようとなったのは、ケンタッキー州の工場からクレームが来た時のことです。
急きょ担当者が現地に飛び、半年もそこに常駐することになりました。
確実に意思疎通するために電話会議を活用したわけですが、思った以上に意思疎通をすることができ、おかげで難局を乗り越えることができました。

デジタル機器は進化しているといいますが、国境も距離も超えて会議ができるのですから、すごいものです。


Copyright(c) 2020 初めての電話会議でのエピソード All Rights Reserved.