今から10数年前、わたしはある企業で役員秘書の仕事をしていました。

初めての電話会議でのエピソード
初めての電話会議でのエピソード

今から10数年前、わたしはある企業で役員秘書の仕事をしていました

● 41歳 : 女性の話
今から10数年前、わたしはある企業で役員秘書の仕事をしていました。
それで、役員会議にはわたしも秘書として出席し、議事録を取ることになっていました。
時々遠くから来られる役員もおられ、そんな時は本当にはるばるおつかれさまです、と思っていました。

それからしばらくして、電話会議というものが取り入れられるようになりました。
遠くからわざわざ新幹線や飛行機で同じ場所に集まるというのが従来の会議の方法でしたが、そのようなことをしなくても電話会議で同じように会議ができるというのです。
もちろん初めての電話会議はみなさん緊張して切り出すのを恥ずかしがっていましたが、一度話してしまうと全く問題なく進められました。
わたしはそれを聞いたばかりの時、やっぱり会議は集まってこそ、と思っていたのですが、初めての電話会議が終わった時にはこんなにいい方法はない、と思うようになりました。

本当に現代文明の機器に感謝したものです。
電話会議という方法がとられるようになって、役員の移動時間の無駄がなくなりましたし、高い移動交通費もかからなくなって本当によい方法だと感じました。


Copyright(c) 2020 初めての電話会議でのエピソード All Rights Reserved.